エムスリーキャリア


マイナビ薬剤師


業界トップクラス!薬剤師転職ドットコム


ヤクステ


ジョブデポ薬剤師転職


ファーマジョブ(薬剤師転職)




高いお月給や、より多くの患者さんと接する事が可能な職場環境のため、進んでドラッグストアに転職する薬剤師も少なくないのです。 より詳細な中身を知りたい方は、「【5分で分かる】ドラッグストア薬剤師の給与と業務中身」も併せて読んでください。 パート薬剤師の時給は(これも勤務地によりますが)2000円から2800円が時価で、調剤薬局よりもちょっと高めです。 調剤併設型の求人が8割上のデータからも分かる通り、ドラッグストア求人の内、いまや8割が調剤併設型の求人です。 業務がハードワークであるとか、薬剤師としての「業務のやりがい」を感じられないといった考えです。 以下は、薬剤師専門の巨大資本求人解説Webページの、全国の職種別の求人数です(データは2018年1月)。 特に、OTC提供型のドラッグストアでは、レジ打ちや荷卸しといった雑用を任される事もあり、体力を要求される場面も多々あるです。 。 とはいっても、ドラッグストアの業務は総じてハードです。 地域や駅からの距離にもよりますが(不便な箇所ほど給与が高い)、年収依拠で450万から650万が一般的です。 病院など他の職場に較べれば、相当高い水準です。 <関連投稿>・薬剤師の月給・年収について意外に求人数が多くないドラッグストアなんて町中で見かけるので、求人もさぞ多々あると思う方もいるかもしれません。 特にドラッグストアのお店は市街地に多くあり、お家のロケーションによっては通勤が不便になるかもしれません。 これは、これは薬学部生の就職先として3番目に高い先です(1位は薬局、2位は病院)。 調剤薬局病院調剤併設OTCOTC提供求人数2252732322128806年間120日以上の休みあり求人10340697223116レート45.9%21.6%10.5%14.4%こうして見ると、調剤薬局の求人数が圧倒的に多々ある事が理解いただけます。 ただ、店舗によっては積極的に「手伝い」を要請される職場もあり、この点は転職前によく見定めしておく必須があります。 目次ドラッグストア薬剤師の求人のもち味は?総じて給与が良いけど、業務はハード意外に求人数が多くない調剤併設型の求人が8割意外に知られてない、ドラッグストア求人の落とし穴は?給与は高いが伸びは見込みできない休みが他の職場に較べて少ない一流企業は福利厚生が良いが、ストア異動・ヘルプも多々あるドラッグストアへ転職する前に、薬剤師が思いめぐらす べき事利益優先の職場が多く、モチべの維持に苦労するかもとにもかくにもコミュニケーションアビリティーは必要!若手が特別に転職する必須ないかも薬剤師の転職にベストチョイスの求人Webページは?ドラッグストア薬剤師の求人のもち味は?ドラッグストア求人の落とし穴を検証する前に、ドラッグストア求人の特色を手軽ににおさらいします。 経験者なら、750万の求人も滅多にないのです。 では、調剤併設型ドラッグストアなら調剤の業務だけしていれば良いかと言えば、ストアや法人の方針によります。 調剤併設ドラッグストアの求人数は、病院よりも少ない位です。 そんな訳で採り上げるのは、意外に知られていないドラッグストア薬剤師求人の落とし穴について、見ていきます。 薬学部生の就職先でも7%がドラッグストアに就職をしています。 というのも、薬剤師は人件費が高いため、ただのパートでも可能な業務(いわゆる雑用的な業務)を薬剤師に任せていては、採算が合わないためです。 これは、調剤併設型ドラッグストアの方が利益を上げやすい、という企業側の都合もあります。 今や、薬剤師の転職先として余すところなく定着したのが、ドラッグストアです。 総じて給与が良いけど、業務はハード製薬法人の研究・製作職を除けば、薬剤師の就職先として最も給与水準が高いのがドラッグストアです。 本当はドラッグストアの薬剤師求人は、意外に多くないのです。 その一方で、転職先としてのドラッグストアについて良くない話も時々聞きます。 俗には、調剤の業務に特化する形で業務を任されます。